2011年04月03日

なれる!SE  2週間でわかる?SE入門

なれる!SE―2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫) [文庫] / 夏海 公司 (著); Ix...
なれる!SE―2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫) [文庫] / 夏海 公司 (著); Ixy (イラスト); アスキーメディアワークス (刊) bk1はこちら

厳しい就職戦線の果てに全く知識のないままSEとなった工兵。ところが、その会社はブラック企業で、上司はワーカホリックで見た目年下な女の子(?)で――という感じのお話。

終電帰りとか、休日出勤とか、SEこわい。あとがきにもあったように、SEなんてなるもんじゃないってメッセージがバンバン伝わってくるなぁ。けど、これがまた面白かったりもするんですよね。なるもんじゃないと言っておきながら、新人社員の成長物語風に描いてるものだからSEが魅力的に思えてくる。これ読んでSE目指す人が現れたって驚きませんよ。むしろSEのすすめですね、これは。何も知らないところから、一から知識を詰め込んでプログラムを構築してそれが実際に動いた瞬間なんて、自分が作ったわけでもないのにちょっと感動してしまいましたもん。SE・・・悪くないのかm、、ぃいや騙されないぞ!

新人のOJTでいきなり終電帰りとかいうのはブラックもいいところだとは思いますが、けれどお客さんにとっては社員の終電なんて関係ないっていうのは結構真理だったりするんでしょうね。まあそれ以前に社長がもっと考えて仕事取ってこようよっていうか、ちょっと落ち着こうかって言いたくなるところではありますね。

一方的に室見さんにしごかれまくってた工兵だけど、その一方でちょっとずつ自信をつけたり室見さんのことを信頼するようにもなっていって、最後には窮地に陥った室見さんに発破かけれるまでになったのは素直にすごいと思いましたね。けれども上司相手にやりすぎたという自覚はあったのか、その後怒られると思ってびくびくしてたのはご愛嬌。

殺人的な日常業務をこなしていくかで工兵もあの会社に慣れつつあるようですが、ああして働き詰めの人間が生産されていくのかもと思うとこわくもあり。工兵もどこかでぶっ倒れるんじゃないかと思ってしまうけど、倒れてる暇なんてなさそうのがまた・・・。社会人ってこわい、とでもまとめておくのがいいんでしょうか。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。