2011年03月21日

白銀の城姫 3

白銀の城姫 3 (MF文庫J) [文庫] / 志瑞祐 (著); 上田夢人 (イラスト); メデ...
白銀の城姫 3 (MF文庫J) [文庫] / 志瑞祐 (著); 上田夢人 (イラスト); メディアファクトリー (刊) bk1はこちら

シリーズ第3巻。マイスター・エトランゼンを探すリンツとシャトレア達はレティーツィア率いる〈土竜技師団〉と合流し眠りから覚めたエリッセと再会する。再会を喜ぶ一行だったが、同じ頃、パリの街が迷宮化しだして――という感じのお話。

はっきりとした記述はないですけど、これは打ち切りですよね・・・。ヨーロッパの色んな古城が出てくるしバトルも熱かったからすごく楽しみなシリーズだったのにな・・・。

ラストバトルでは相変わらずシャトレアのためにと無茶するリンツが熱くてよかったんですけど、この巻全体を通して駆け足な展開になってる印象が拭えません。エリッセは目覚めたにもかかわらずほとんどリンツとシャトレアの間に食い込めなくて存在感薄めでしたし、バトルでも新キャラとして強力な敵が何人も登場してたにも関わらず一戦一戦は非常にあっさりしたものが多くて物足りなかったですし、すべての鍵を握ると思われたマイスター・ストランゼンもほとんど登場場面がありませんでしたし、ストーリー進行を優先してたせいかキャラの掘り下げもほとんど見られませんでしたし。なんだかラブコメに走った末に俺たちの戦いはこれからだ的な締めになってしまっていることの悲しさといったら・・・。シャトレアの体に刻まれた刻印が7つあったことなどから当初はもっと長期のシリーズ構想をしてたと思うんですけどね。それだけに納得のいかないところの多い展開でした。

1巻からリアルタイムで追いかけてきた作品での打ち切りというのはおそらくこれが初めてであろうだけに、ちょっとショックでした。

仕方ないので志瑞祐先生の次回作に期待します、と言いたいところなんですけど、次回作からはラブコメ的な雰囲気ばかりがさらに顕著に窺えてしまってなんだかな・・・というところ。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。