2011年03月21日

ビリオネアガール 1

ビリオネアガール(1) (アフタヌーンKC) [コミック] / 桂 明日香 (著); 支倉 凍...
ビリオネアガール(1) (アフタヌーンKC) [コミック] / 桂 明日香 (著); 支倉 凍砂 (クリエイター); 講談社 (刊) bk1はこちら
冴えない大学生活を過ごす高遠恵に家庭教師のアルバイトが舞い込む。その教え子は超高級マンションに一人暮らしする、なんと個人資産170億円を持つ美少女だった!世界で一番格差のある友達(?)が織り成すプレミア青春ストーリー!!

1話と2話以降で藤岡さんの絵がちょっと変わってるような・・・。まあ2話以降の方がかわいくていいんですけどね。けれどもデイトレ時の人が変わったような表情が一番いい。普段のおどおどした雰囲気が嘘のように落ち着きすましてて、数億円単位の取引だって単純作業のように注文できてしまえるのは凄腕トレーダーならではの余裕でしょうか。陰気さを感じさせる部屋の暗さも相まってすごく妖しげでいい顔でしたね。

お金があれば必ずしも幸せというわけではないけれど、少なくとも苦労することは減るし、好きなことなら周りのことなんて気にせずやり続けてればいいと思うんだけどな。けれども藤岡さんは既に今の生き方に虚しさを感じてしまっているようで。それならまだ若いんだし今のデイトレにこだわる必要もないんじゃないかとも思ったけど、自分のお金だけじゃなくて他人のお金まで動かすようになってるとなれば、そうそう一時の気分でスパッとやめるわけにもいきませんし難しいところですね。大貫教授が彼女のことをどう扱っていいか困っているのには、悪い影響を与えてしまって自分の預けているお金がパーになってしまうのがこわいという心理も働いているのかな。今後、ちょっとず使わっていくことになるんだろうけど、まだその方向性は未知数なのでなんとも。

年下の女の子に奢られるのは恥ずかしい・・・ねぇ。ダメ人間な私には理解できない感覚ですね。そんな感覚をまだ持ってることが既に羨ましsなんでもないです忘れてください。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。