2011年03月06日

斬光のバーンエルラ

斬光のバーンエルラ (MF文庫J) [文庫] / 穂村元 (著); 千葉サドル (イラスト);...
斬光のバーンエルラ (MF文庫J) [文庫] / 穂村元 (著); 千葉サドル (イラスト); メディアファクトリー (刊) bk1はこちら

貧民街に暮らす少年レネのもとにある日、二人の少女が現れる。一人はレネの母への届け物を携えて、また一人はレネの暗殺を依頼されて。ドジな暗殺者から事情を聞いたレネは依頼人を一発殴りに行くべく街を出発する。そして自らの意外な素性を知ることになる――という感じのお話。

うーむーむー。なんとも微妙な話ですね。これといって好きになるところがない・・・。

主人公が密かにイケメンなのは面白かったけど、バカなところが嫌い。おバカならいいんです。大バカならむしろ大好きですよ。でもこいつはただ単に考えなしのバカにしか思えません。なんかこう、中途半端に物事を考えてるのが・・・。ない知恵絞ってもっと考えるか、いっそスパッと考えなしに行動してくれればいいのに。これだとちょっと好きになれそうにないかな。

シャルのキャラもなんだかな・・・。妄想少女は別に嫌いじゃないんだけど、中途半端に妄想するだけで楽しんでるみたいで、もうちょい行動力が伴ってくれると面白いことになるんだろうけどなともったいなく思うわけです。

王位継承の証である剣をめぐる争いっていう設定は面白そうなのに、この巻に登場した王族が全然それっぽくなくて拍子抜け。ラストに出てきたデュランとその仲間たちにはそれなりに興味をひかれるところではあるけど、期待して続きを読むほどではない、かな?
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。