2010年09月16日

僕は友達が少ない

これも5月のLNFのゲストに平坂読さんが来るということで勧められて読んだもの。
ちなみにフルメタは時間が足りなくて読めませんでした。


僕は友達が少ない (MF文庫J)

僕は友達が少ない (MF文庫J)

  • 作者: 平坂 読
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/08/21
  • メディア: 文庫


bk1はこちら

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ……)」小鷹は夜空とどうすれば友達ができるか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて―。皆でギャルゲ―をやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?


これは自分には合いませんでした。


以下、読みたい方だけどうぞ。





ストーリーは完全にコメディなので笑えるか笑えないかでしか評価しようがない話なんですが、はっきり言ってどこで笑えばいいのかよくわからない。真面目なシーンがほとんどないに等しいので笑うべきと思われるシーンでも落差が少ないんですもん。それに、笑うべきと思われるシーン以外でも小さなネタが散りめられてるから肝心なところに至るまでに笑いに耐性がついちゃって……。笑いの呼吸は人それぞれだとは思いますが、私としてはもっと緩急のついたものでないと合わないのかなと。

特に気に入ったキャラはおらず、コメディ以外の面でもほとんど駄弁ってるだけなので進展らしい進展もなく、2巻以降で私が楽しめる要素が出てきそうな気配はなし。

そんな感じで、人気作だからといって必ずしも自分に合うわけではないという教訓を得たということで一つ。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。