2010年09月12日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

5月のLNFのゲストとして伏見つかささんが来るということで、読んでおくといいよと人から勧められて購入。


俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)

  • 作者: 伏見 つかさ
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2008/08/10
  • メディア: 文庫


bk1はこちら

主人公の妹・高坂桐乃はいわゆるイマドキの女子中学生。ひょんなことから妹の秘密を知ってしまった主人公はある日、「人生相談」を持ち掛けられて――という感じのお話。


これは自分には合わなかったかな。


以下、読みたい方だけどうぞ。









なんでもない日常を面白おかしく演出するのは上手いと思ったけど、どう演出してもなんでもない日常はなんでもないものでしかないわけで、いかんせん内容に興味が持てなかった。オタクの生活を見せつけられたって、自分もオタクだし、興味のない他人のオタクスタイルには関心なんてないし。それにオタク趣味について親との間に葛藤が合った経験もないので、そんな場面でもソレハタイヘンデスネーくらいにしか思えなかったし、最終的にどうなってしまっても構わなかった。

うーん、面白そうとは思えないけど試しに読んでみるかという読み方は、自分には合わないのかな。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック