2010年06月18日

箱入りデビルプリンセス4


箱入りデビルプリンセス (4) (CR comics)

箱入りデビルプリンセス (4) (CR comics)

  • 作者: 松本 真
  • 出版社/メーカー: ジャイブ
  • 発売日: 2006/07/07
  • メディア: コミック


bk1はこちら


突如起こった天界と魔界のハルマゲドンを止めた恵汰。待っていたのはマキやミキ、なつきたちとのドタバタした日常であった――という感じのお話。


前巻とは打って変わって一話完結型の話が中心。内容もシリアスとは程遠い日常ドタバタ物。前巻と比べるとかなりの落差がありますが、もともとシリアスメインの話ではなかったよなということで、この作品らしいといえばらしい話ばかりでした。

この巻でマキの使い魔が全員お披露目されましたが、使い魔巻の関係もわかってなかなか面白かったですね。とはいえこの使い魔たち、日常ではほとんど活躍の場が無さそうなのが不憫なところ。ドタバタを自分たちで引き起こしてしまったりするところはむしろ残念にも思えてしまうわけですが。まあ何はともあれ、再びの活躍が待ち遠しいです。

ちょっと唐突とも思えるくらいのタイミングでミキの過去話が挿入されてましたけど、ミキが恵汰に対してどこか冷めた態度を取るのには元々の性格の他にもそういう理由があったのかとちょっと納得させられたり。今後の展開次第ではマキも同じような経験をする可能性はなきにしもあらずなのかなーとも思ったのですけど、よく考えればこの作品でそんな思い展開になることはなさそうですね。とはいえ、願いは残り一回残ってるわけですし、その辺りで一波乱あると面白そうですね。

残り2冊なので、5巻でどう転がるかに期待です。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。