2010年02月25日

ささみさん@がんばらない


ささみさん@がんばらない (ガガガ文庫)

ささみさん@がんばらない (ガガガ文庫)

  • 作者: 日日日
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: 文庫



表紙のイラストやタイトル、あらすじなどからいかにも脱力感が伝わってきて面白そうだったので購入。作者が日日日さんというのも気になった一因でしたが、絵師の左さんも有名な人だとは知りませんでした。まだまだラノベ読みとしては新参レベルですね。精進します、ハイ。


あらすじとしては、ささみさんがひきこもりながら「お兄ちゃん監視ツール」を使ってお兄ちゃんが邪神三姉妹と繰り広げるラブコメ的日常を監視しつつ、その周りで起こる超常現象について考察してレポートにまとめる、という感じのお話。


日常を描いたパートだけでなく、ささみさんの書いたレポートという形で設定が明かされていく構成が面白かったです。レポートは設定集みたいで、物語を読むのとは違った面白さがありました。あんなに明かしてしまって続きで出せることがあるのかと心配にもなりますが、日日日さんなら何としてくれるのでしょう。

一冊の中に三部盛り込むということで物足りない展開になってしまうのではという危惧もありましたが、そのあたりもばっちり描いてありました。短編集っぽい仕上がりということですが、描くべきはしっかり描かれていて、これ一冊で終わってしまっても十分と思えるくらいに終わりまでの繋ぎ方が自然でした。さすがはいろんな作品を書いてらっしゃる作家さんと言ったところでしょうか。
個人的にはヤマタノオロチSNSの自由過ぎるシステムがツボでした。

固定された人物の織り成す日常場話ということで個性のある登場人物は5人しかいませんでしたが、その誰もが魅力的だったのもまたよかったです。

ささみさんみたいなゆるーいひきこもりライフも憧れるものがあったのですが、最終的にはひきこもり脱却に成功してしまいちょっと残念な気もしたり。まあひきこもりたくてひきこもっていたわけではなかったみたいなのでそういう展開も仕方ないところでしょうか。「もう疲れたよ。お兄ちゃん……」と言ってるささみさんもよかったのですが、また頑張ることにしたささみさんのその後の学校生活も読んでみたい気はします。とはいえ、学校生活を送る上でいろんな感情を抱くようになると問題も起こるようになるのではないかと不安な面もなくはないですね。続きではその辺りで話が展開されることになるのでしょうか?
気になったのは最後まで明かされなかったお兄ちゃん監視ツールの全貌。あれはいったいどういうシステムだったのでしょう?

シスコンなお兄ちゃんこと月読神臣のキャラも面白かったです。下僕体質ということで完全にささみさんの召使いと化してますが、時にシスコンを暴走させてささみさんにSATSUGAIされたり。とはいえ、根っこのところではささみさんの幸せを考えており、そういう意味では憎めないキャラ。イラストでも顔は一度も出ませんが、デスノートの松田っぽい印象がありますね。
気になるのは顔を隠しながらも目の前の状況を把握し文字まで読めるということ。これは謎のスキルです。

邪神三姉妹も個性的ですが、この二人に比べると印象は薄いでしょうか。
かがみの普段は無表情で時々デレるというキャラはささみさんとかぶってるような印象がなきにしもあらず。

イラストでは、ささみさんが神臣の背中にもたれかかっているイラストがとても印象的でした。こういう雰囲気のイラストは大好きですね。


という感じで感想はここまで。続きも出る予定みたいなので出たら読みたいところですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。