2010年02月15日

あそびにいくヨ!


あそびにいくヨ! (MF文庫J)

あそびにいくヨ! (MF文庫J)

  • 作者: 神野 オキナ
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫



あらすじを見てヒロインが宇宙人ということで興味を持ったので読んでみました。これを買った頃(2カ月くらい前)はどうも異種族間恋愛物に興味を持っていたようです。今でも興味がないわけではないですが。


あらすじとしては、宇宙人の女の子が外交官としてやってきて、主人公・嘉和騎央の家に住み込むようになるというもの。しかしその裏では彼女を排除しようとする組織も暗躍して――という感じのお話。


宇宙人と国交を結ぶか結ばないかという軽くはない事情を扱っているはずなのに、ラストの展開など非常に喜劇的で、作者が狙っていたというご近所のドタバタ劇という枠に上手く収まっていますね。恋愛方向については期待していたような展開はなかったのですが、サクサクと読めるストーリーだったので重たい話を読む間にこういう軽い話を挟んでみるのもよさそうです。

「ゆさり」で「はにゃーん」なキャラクターだったエリスですけど、非友好的な相手には容赦のない対応をするあたりやや掴みづらいキャラなのかなという気もします。普段の天然っぽいキャラも、外交官としての真面目な一面を見ると狙ってやってるように見えなくもなかったり。2巻以降も読んでみないと評価に困るキャラですね。

とはいえ、軽い話だったせいかそれほど魅力的と思えるキャラもいなかったのがやや残念。登場キャラが多くて一人一人についてそれほど掘り下げられなかったからでしょうか。こういう作品は続いていくとどんどん面白くなっていくのかもしれませんが、個人的にそういうタイプの話とはあまり相性がよくないんですよね。


短いですが今回の感想はこの辺りで。次の巻を読むかどうかは微妙。他に面白そうな作品があればそちらを優先させる方向で。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。