2009年09月24日

フォルマント・ブルー リミックス


フォルマント・ブルー―リミックス (一迅社文庫)

フォルマント・ブルー―リミックス (一迅社文庫)

  • 作者: 瑞智 士記
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2009/08/20
  • メディア: 文庫



表紙のイラストに釣られて買ってみた作品です。

ストーリーとしては、悲劇となることが前提の、いかにもわたし好みの展開でした。死を意識しながらも必死に生きようとする姿。いいですね。そして、わたしは本を読みながらテンションが上がってくると少し前に聴いた音楽が頭の中で勝手に流れ出すことがあるのですが、この作品を読んでいるときに久々にそれがきました。X章の終りあたりを読んでいたときに、【巡音ルカ】Aroud the World【オリジナル曲】のサビが流れ出しました。これが来た作品は久々なのでラストもかなり期待したのですが、予想に反してハッピーエンドっぽい終わり方をしたので拍子抜けしてしまいました。この手の話はハッピーエンドにしない方がわたしとしては好きなので、どうも読後感がすっきりしませんでした。

それは抜きにしても、VOCALOIDがはやる前にそれっぽいキャラを考えだしたセンスはすごいです。

イラストでは、一部昔の山本ヤマトさんっぽい画風の絵があってドキッとしましたが、別の人が描いてるみたいです。でも、「むらたたいち」さん。この人も要チェックかな?

この話はおそらく1巻完結の作品なので続きはないでしょう。著者よりも絵師さんの方が気になった作品でした。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック