2009年09月13日

黄昏色の詠使い] 夜明け色の詠使い


黄昏色の詠使いX  夜明け色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)

黄昏色の詠使いX 夜明け色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: 細音 啓
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2009/08/20
  • メディア: 文庫



綺麗な世界観でつづられる物語が気に入っていたこのシリーズもこの巻で完結。最後まで綺麗な世界観を保ちつつ、素敵なラストを迎えてくれました。

この巻は最終楽章と言うことで、章のタイトルも過去の巻のタイトルに似たものが多く、途中で何度も過去の巻の内容を思い出して懐かしい気分に浸りながら読み進めました。
〈讃来歌(オラトリオ)〉は優しく、竹岡美穂さんの絵は世界観とよく合っていて、全体を通して本当に繊細で、綺麗な作品でした。
ネイトとクルーエルももちろん応援したくなりますが、カインツとイブマリーの方もあの後どうなるのか気になるところです。

何はともあれ、素敵な作品をありがとうございました。
次回作『氷結鏡界のエデン 楽園幻想』が今月19日に発売されるようで。こちらも期待が持てそうです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。