2019年08月15日

狼は花の馨り(1)

狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス)
狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス)

狼は花の馨り1|ダリアカフェ

このヒロインはかわいい。男だけど。

異質な姿で生まれついたせいで幽閉されて育ったために、他人への警戒心が強く、言葉もしゃべれない、まるで獣のような人間、アルタ。けれど、優しく抱きしめ暖かく寄り添ってくれた主人公のイルウェスに懐いてからの姿はまるで飼い犬が主を慕うかのようで。言葉の習得は遅いんだけど、それだけに余計に幼いしぐさで寄りかかってくる姿が愛らしいこと。

それらが長い髪とあいまって、とてもかわいいヒロインにしか見えなくてとてもかわいいという。

白い髪を持って生まれた子どもは「白鹿」と呼ばれて王族と嫁ぐ定めにあるというこの物語の文化圏では、そんなイルウェスとアルタの関係は身分違いのものでしかないのだけど、それだけに、一心にイルウェスを慕うアルタの姿はとてもいじらしいし、アルタが自分から離れていく運命にあることに眉間にしわを寄せて耐え忍ぼうとするイルウェイの心情もとてもいいものでして。

互いに抱く気持ちが恋なのかは、まだ微妙な気もする。けれど、互いの存在を大切に思いあうその発展途上な気持ちの行く末は、気になるところですね。白鹿仲間のパドマ様をはじめとして、ふたりにとっての親しい人はできてきているけれど、味方になってくれる人間ではいなさそうで、なかなか各所との衝突なしにはうまくいかなさそうではありますが、さて。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:25| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。