2019年08月05日

極道さんはパパで愛妻家

極道さんはパパで愛妻家 (あすかコミックスCL-DX)
極道さんはパパで愛妻家 (あすかコミックスCL-DX)

極道さんはパパで愛妻家 桜城 やや:コミック | KADOKAWA

メインふたりのうち、賢吾のほうが絵的にいちいち色気あふれまくっててやばいですね。もう片方の佐知は、女みたいだとからかわれてきた過去があるというとおりに顔は女性っぽいところがあって。男らしいキャラと女性っぽさを感じさせるキャラの組み合わせで、BLマンガにそこまでなじみのない自分でも違和感なく楽しめる造形。

ストーリー的にはさらにそこに、ふたりが世話を焼くことになる小さな男の子も加わって、子育て同居ものな話になるわけで。なじみやすいキャラクター、なじみのあるストーリー。この組み合わせで楽しみを阻害する要因はほとんどないに等しかったですね。

それに、この男の子、史という名前なんだけど、この子がまたかわいい子でして。まあその生まれ育ちにはややこしい事情があったりするんだけども、それだけに気の利かせられるいい子ぶりが本当に天使のようで。佐知ならずともどんどん気に入っていっちゃいますよねというところ。

そんな史を育てるために、乗り気はしないながらも賢吾と同居生活を送るようになるうちに、賢吾のかっこよさ、頼りになるところ、男の魅力をいろいろと目にすることになって、葛藤しながらもだんだんと男同士の関係を受け入れていく流れもいいもので。史を間にはさんで接する時間が増えていくうちに絆が深まっていく展開がよかったです。

というか、賢吾って、昔から佐知ひと筋すぎたっぽくて、形の上での同居からはじめたら、周りからあっさり納得されたり、ついにと喜ばれたり、いろいろ心配されるほどだったっぽいのがうかがえるのがおもしろいところであり。

あと、冒頭でも書きましたけど、佐知に見せる賢吾の表情が、あっちでもこっちでも色気にあふれすぎててやばかったんですよ。眉間にしわを寄せてどこか憂いを含んだ表情というか、佐知と一緒の時間を過ごせる幸せをかみしめてる表情とか。服を脱いだその下の隆々とした体つきもとても男らしくて。男同士という関係も、ここまで魅力たっぷりな絵で表現されると眼福ものになるものですねと、そんな発見もできた一冊ではありました。

原作はルビー文庫のほうから出ている小説シリーズになるようで。そちらは未読だけど興味の湧くところであり。とはいえマンガでつづきがあるようならこの絵で楽しみたいという気持ちもあり。悩ましいところではあります。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:12| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出張癒し専門店ターコイズ(3)姉襲来

出張癒し専門店ターコイズ3本目ー姉襲来ー
出張癒し専門店ターコイズ3本目ー姉襲来ー



2作目を聴いてとても気持ちのいい音を楽しませてもらった音声作品シリーズの3作目。今回は2作目までのヒロイン、ラーラとは違って、そのお姉さんのラーネさんが登場。いきなりの新キャラではありますが、ラーラ同様、スキュラのモンスター娘として、吸盤つきのおみ足でにゅるにゅるとした音声をばっちり楽しませてもらえること。

しかも今作では、ぬるぬるとしたタコ足が体の表面を這いまわるよりも、口の中や耳の中にその足がつっこまれたり、足で全身を包みこまれるようにされたり、体の内と外でうごめくようなにゅるにゅる音が印象に残るサービスコース。まるでこちらの意識を飛ばそうとするかのようなぐちゅぐちゅ音の数々がたまりませんでしたね。

ラーラのお姉さん、ラーネさん、初っ端から、店員じゃないというし、コースについてもあやふやだったりして不安にさせてくれるんだけど、でもぬるぬるとしたおみ足はラーラと共通なので、しっかり気持ちのいい時間を楽しませてくれるんですよね。

トラック2の歯みがきでの、ぬるぬるタコ足が口の中に入ってくるぐちゅぐちゅ感。体の内側から響いてくるぬるぬるとした音の感覚が不思議と心地よくって。そんなタコ足に口の中を蹂躙されるようにもごもごされているのを想像すると、意識が持っていかれてしまいそうなほどの気持ちよさを味わわせてもらえることで。

トラック4の足で全身包まれてのマッサージでは、耳もともすっぽり覆われてる感じのぬちゅぬちゅ音がして、それでいてラーネさんの声は頭の上あたりから聞こえてきて。女の子に包みこまれてる感、安心させられる感覚。すごくいい……。そのうえそんな状態で口のなかもまたモゴモゴ這いまわられて。内からも外からも、相手のなすがままに快感を与えられている感じがやばい。あやうく意識を飛ばされるところであった……。

耳もとをおおわれるぼーっとした音の感覚はやはりいいもの。ぼうっとした聴覚がすうっともとに戻る瞬間のふわっとした感覚がまた、いいんですよね。

トラック7のシャンプーで頭を細かくわしゃわしゃされる音も、じんわり癒されるような気持ちよさ。

今作も、実に素晴らしく癒される音声作品でした。前作同様に値段も手ごろだし全年齢作品でもあるので、音声作品に興味のある方、ぬるぬる系の音の好きな方にもオススメできる一作だと思います(3作目ですが、過去作を先に聴かなくても問題なく楽しめます)。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 12:59| Comment(0) | 音声作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。