2019年06月19日

JCオリヴィアのプリティ・プリンセス日記

JCオリヴィアのプリティ・プリンセス日記 (小学館ジュニア文庫)
JCオリヴィアのプリティ・プリンセス日記 (小学館ジュニア文庫)

JCオリヴィアのプリティ・プリンセス日記 | 小学館

自分のことをフツーの女子中学生だと思っていたら、実は某国のプリンセスだと発覚した女の子・オリヴィアの話。

この巻のお話としてはまさに序章といった感じ。自分の出自がわかって、本当の家族と対面して、彼らといっしょに暮らすことになって、以上終わり、みたいな。その間にちょっとした展開はあったものの、プリンセスな物語としてはまさにこれからというところ。つづきももう出ているので早いうちに読んでみたい。

そんななかでも、友人のニシとのやりとりはよかったですね。プリンセスフリークで、なりたてほやほやのオリヴィアよりはプリンセスなるものに詳しくてあれこれ教えてくれるお友だち。オリヴィアの出自がわかってからも、それまでの親しさはそのままに、身近に本物のプリンセスがいたなんてと、興味津々でメッセのやりとりで盛り上がってる様子がとてもかわいらしいこと。

あとは豊かな暮らしはさせてもらえてなかったオリヴィアが、プリンセスな生活の一端に触れて、そのセレブぶりというかリッチぶりへの驚きをニシと共有してる様子もなかなかいいもので。

そういえば、この作品、調べてみたら、オリヴィアの実の姉にあたるプリンセス・ミアの物語も存在していて、そちらも邦訳されているとか(やや古めの作品なので手に入れるのは難しいかもだけど)。次回の話はそのミアの結婚式ということで、ということはもしかして、この作品はそちらのシリーズの実質的な続編にあたるんだろうかと思えたり。気安く胸のうちを明かすことのできない立場のヒロインの記す日記によって物語がつづられていくという形式も同様っぽいですし。

前後の展開がどちらも気になるシリーズですね。楽しみにしたいです。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 21:44| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏世界ピクニック(2)果ての浜辺のリゾートナイト

裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト (ハヤカワ文庫JA)
裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト (ハヤカワ文庫JA)

空魚と鳥子が完全に飲んだくれになっておる……。酔っ払って飲み屋はしごしつつ小桜さんに飯テロ連投とか大迷惑すぎるんですけど。しかもあげくの果てにはどこで使うのかわからない機械をカードでぽんとお買い上げして送りつけちゃったりとか、こんな女子大生いやすぎる……。いやまあ農機に関してはこの巻のうちになぜか使い道があったんですけど。なぜか。

でも、やっぱりこのふたりの雰囲気ってすごくいいんですよね。鳥子がノリで料理を頼みまくって、こんなに食べられるのかと文句を垂れつつもがんばって消化に回る空魚とか、それをながめて機嫌よさげにニコニコしてる鳥子とか、冴月の話になるとムキになって話題を終了させにかかる空魚とか、どこを取ってもすごく百合な雰囲気ただよわせてるんですよね。

基本的にはノリ優先の鳥子をしっかり者の空魚が手綱とりつつ行動してる……ようでありながら、それは視点人物である空魚の認識にすぎなくて、空魚もたいがいあちこち抜けてるのを、気づかないうちにサポートされててしょうがないやつだなあみたいに思われてるのがとてもよいものであるのでして。

そして空魚ちゃん、いつもはねくらなオタクっぽい女の子なのに、キレたらテンション上がっちゃうタイプなのがとてもかわいい。怪異相手にも逆上してみせたりとか、普段はおとなしいわりにキレたらなにするかわからないこわさがあるというか、鳥子に対する気持ちも年齢のわりには幼い執着的なところがあったりして、なんというか病みの素養を感じさせる子ではありますよね。かわいいかわいい。

鳥子のほうは基本的に冴月が中心ではあるものの、その一方でそんな空魚ちゃんのめんどくささをしょうがないなあしてる感じがでてきたりもしてて。このふたりの関係がどうなっていくのか、とても気になるところですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:20| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やがて君になる 公式コミックアンソロジー

やがて君になる 公式コミックアンソロジー (電撃コミックスNEXT)
やがて君になる 公式コミックアンソロジー (電撃コミックスNEXT)

やがて君になる 公式コミックアンソロジー 仲谷 鳰:コミック | KADOKAWA

最初の3人がいきなりほかの連載作品を読んでる作家さんばかりでテンションあがった。描いてるのはやが君のキャラを描いたアンソロジーのはずなのに、これもうあの作品のあのキャラだよね、画風とかキャラ描写的に、という感じに読めてしまって。こういうの、なんというんでしょうね。同じ役柄をいろんな役者さんの組み合わせで見ているかのようなというか。やが君のキャラを借りても隠れることのない、いろんな方の作家性とでも呼べる作風を楽しめたのがなんとも新鮮なおもしろさでした。

以下、いくつかの話の各話感想を。


柊ゆたか「やがて君になれるかな?」

とても……『新米姉妹のふたりごはん』みを感じた。あちらの妹ちゃんぽい外見の七海燈子が姉っぽいテンションではしゃいでるのがおもしろかった。ビジュアル的にやや幼くなるので、先輩がとてもかわいらしい。


缶乃「或いはそんな星模様」

とても……『あの娘にキスと白百合を』みを感じた。七海燈子と佐伯沙弥香があちらの黒沢さんと白峰さんのようであった。佐伯沙弥香があれこれ考えすぎてドツボにひまりそうな感じとか、そんなところに七海燈子にストレートな言動を取られて悩んでたのがばからしくなってたりする感じ、とてもらしさを感じられてよかった。


チョモラン「ふわつき乙女」

とても……『あの人の胃には僕が足りない』だった。あちらは百合ではなくおねショタ(?)なんだけど、キャラのリアクションとか表現とかがまんまそれであった。というか、こんな、やが君読者でさえそれなりに忘れていただろう部分の一発ネタで、こんな強引に笑わせてくるのはずるい。笑ってしまった。くやしい。


結川カズノ「イン ザ ボックス」

どこかで名前を見たことあるような……と思って調べてみたら、『白と黒のバイレ』のイラストを描いてた方なんですね。佐伯沙弥香がひとりあれこれ相手を意識してしまって、そんな彼女の心のうちなどつゆとも知らぬ七海燈子が彼女に友人としてのストレート信頼を寄せて……。交わることはないんだけど、その場を切り取れば仲のよさがとてもいい雰囲気なふたりのやり取りがいい感じな話でした。


めきめき「まつりの夜に」

キャラクターが少女マンガ的というか、 もとのやが君とは違う文脈に置かれたふたりのようで、けれどこれもまた小糸侑と七海燈子なんだよなあというのがなんともふしぎな感覚のおもしろさ。


文尾文「きゃくほんをつくろう!」

いくつか気になる作品はありつつも未読な作家さん。いいよね、こういうバカ話で盛り上がってる感じ。ありそうな幕間のひとコマというか。むしろこの話もちょっと見てみたかった気がしてくる感じがうまい。


もけ「あなたは明日何着て笑う」

七海燈子への気持ちを自覚して、そうとは知らずに接してくる先輩に対して内気に悩む小糸侑の描写、いいですよね。キャラの外見もそれよりになってる感じがあって、ほんのり漂ってくる感情がとてもよいものであることで。


ヒロイチ「ビターコーヒータイム」

大人ふたりのカップルによる、しっとりアダルティーな雰囲気の話。気を許した相手にだけ見せる表情がたいへんいいものでした。ありがとうございます。ありがとうございます。


伊藤ハチ「先輩たちとあそぼう!」

『エクレア』でいくつか読んだことのある作家さん。わりと特徴的な絵柄の人だと思うんですが、この話もギャグ風でなかなか特徴的で、でもしっかり小糸侑と七海燈子と佐伯沙弥香の三人になってるのがおもしろい話でした。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:48| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。