2019年05月27日

アルバート家の令嬢は没落をご所望です(1)

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 1 (B’s-LOG COMICS)
アルバート家の令嬢は没落をご所望です 1 (B’s-LOG COMICS)

これはヒロインと従者の関係がいい感じですね。従者のほうが上下関係気にせずずけずけとものを言って、公爵令嬢であるヒロインはそれにあきれてときにクビにしたいと面と向かってこぼしたりしながらも、なんだかんだで気のおけない間柄のようなやり取りを楽しんでいる。傍から見ててとてもお似合いな間柄に思えるんですよね。身分的に本来許される関係でないことを除きさえすれば。

突然前世の記憶を取り戻したヒロインがゲームの世界云々いいだしたり、悪役令嬢らしく没落を目指すなんて気の触れたようなことをいいだすやいなや、頭がおかしくなったのかなんてツッコミを真正面から入れられるのって、どう考えても普通の主従のやり取りじゃないですよね。でもこれがまた息の合ったテンポでの言い合いになったりするから楽しそうではあることで。

そしてこの従者、抗うことなく悪役令嬢としての没落の道を歩もうなんてするヒロインに対して、一応ひき止めはするものの、そこまで強く反対したりはしないんですよね。お嬢が決めたことならば、よくわからないこだわりでも付き従うのみとばかり。それどころか、お嬢がその気ならば、しっかりお膳立てもしてあげようと、積極的に協力したりもする。

その裏にある異図はなんだろうかと思うところですけど、まあ、ラブですよね。お嬢が本来のゲームの「ヒロイン」にいじわるしたつもりがすっかり親切なお友だちと思われてしまってるのは生温かく見守りながらも、主と距離の近い「攻略対象」の男キャラが彼女ではない本来の「ヒロイン」との距離を縮めてるのをいい笑顔で見届けたり、傷つく役回りも進んでするお嬢を心配して挙動不審なくらいに気にかけてみたり。いいですよね。恋ですよね。

完全に身分違いの恋だけど、没落してしまえばそこは解消されるともいえるところ。とはいえそれはヒロインにとっては小さくない代償を伴うはずのもので。女主人と男従者のいい感じな関係の話ではありながら、不安と楽しみが同居する悪役令嬢タイプの物語。本来の「ヒロイン」も素直でかわいらしく、楽しみなシリーズですね。ただマンガの次は何か月後か。これはいっそ原作小説で読んでみるのもいいかもしれませんね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 20:59| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めて恋をした日に読む話(2)

初めて恋をした日に読む話 2 (マーガレットコミックス)
初めて恋をした日に読む話 2 (マーガレットコミックス)

初めて恋をした日に読む話 2/持田 あき | 集英社コミック公式 S-MANGA

順子先生、ふだん恋愛方面を筆頭に残念さを発揮しまくってるくせに、ときどき急にかっこいい大人な一面を見せてくれたりするからずるい。ギャップですごく心に響いてくるんだもんなあ。

失敗して情熱を見失っていたかつての優等生はからっぽの失敗した自分を知るからこそ次に見つけた機会に全力で取り組める。恋なんてしてる暇もないほど仕事に打ち込んでいたくなる。いいですよね。生徒の学習指導に一生懸命な順子先生、とても輝いてる。しかも、そんな一生懸命な姿にひかれて恋の予感もどんどん高まってきてる。雅志も仕事できる男としてバリバリかっこいいとこ見せてくれるようになってきたし、由利くんは年の差がもどかしいほどの一直線ぶりをさらに感じさせたくれるようになってきたし。美和じゃないけど、おもしろくなってきたとは思いますよねえ。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 17:21| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おっさん冒険者ケインの善行(1)

おっさん冒険者ケインの善行 1巻 (ガンガンコミックスUP!)
おっさん冒険者ケインの善行 1巻 (ガンガンコミックスUP!)

おっさん冒険者ケインの善行 1 | SQUARE ENIX

ヒロインたちのパーティー「高所に咲く薔薇の乙女団」、ここの女の子たちがワイワイしてる感じ、絵的にとてもかわいらしくていいですね。ワイワイしてる話題がだいたいおっさん絡みなのがなんではあるけれど、それはさておいても気持ちがあふれでちゃうタイプの女の子たちのもの思いぶりは見ていて本当にかわいらしい。そんな彼女たちにふり回されがちなリーダーのマヤさんには同情したくなる部分もあるけれど、その一方でそれをだしにして顔がよくてかわいい女の子たちをからかってお楽しみをしてたりとするようなので、これはこれで楽しそうではある。いいパーティーですよね。百合的な視点でとてもおいしいというか。まあ矢印が向いてる先はだいたいおっさんなんですけど。

そのほか、ギルドの受付嬢のおねえさんもアナストレアさんからやたらに敵意飛ばされてキレぎみな様子はおもしろかったし、孤児院のエルフお母さんも小さいころからケインを知るがゆえの成長しても親子な感じのやりとりがいい感じだったりと、少女組のにぎやかなかわいらしさに対して、大人組のおちついた包容力あるかわいさもなかなかいいものでした。女性キャラがだれもかれも魅力的なキャラばかりなんですよね。

これはなかなか楽しみなシリーズになりそう。次の巻も期待したいですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 15:38| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―AΩ―(2)

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ- 2 即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。【コミック版】 (アース・スターコミックス)
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ- 2 即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。【コミック版】 (アース・スターコミックス)

https://www.comic-earthstar.jp/detail/sokushicheat/

「……高校って思ってたより面白いところだったんだな」(P56)。

ホントだよ! 1巻の花川たち然り、この巻の橘も然り、こんな頭おかしい奴らが何人もいたら、そりゃ退屈しないわ。関わり合いにならない距離から眺めていられるかぎりにおいてだけども!

この世界に来てる日本人、本当にそろいもそろってろくでもなさすぎる。意味がわからなすぎてむしろ笑えてくるレベル。なんとも新感覚なおもしろさ。そしてそんな中で、いつもツッコミ心を忘れず楽しませてくれるのが壇ノ浦さんであり。まあ彼女の彼女でいろいろおかしいんですけど、周りのキャラが輪をかけて一般人から足を踏みはずしすぎてて相対的にまともに見えるという。ちくしょー!

ストーリー的にも、最終的にはやっぱり即死なんだけど、どいつもこいつもキャラが濃いから即死までの展開を楽しませてくれるんですよね。主人公は反則的なチート持ちなんだけど、敵対するキャラもたいがいバランスブレイカーなクラスのスキルの持ち主ばかりだから、油断はさせてくれない流れに仕立てられてるというか。いかに即死につなげるかの筋立てもなかなかおもしろいですよね。

ともあれ、今回もおもしろかったです。次の巻も楽しみ。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 02:04| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。