2019年05月18日

反転する福祉国家 オランダモデルの光と影

反転する福祉国家: オランダモデルの光と影 (岩波現代文庫)
反転する福祉国家: オランダモデルの光と影 (岩波現代文庫)

反転する福祉国家 - 岩波書店

中公新書から出ている『ポピュリズムとは何か』がとても面白かった著者の本。ちょうど興味を持ちだしているところのオランダをテーマにした本ということもあり、こちらもたいへん面白く読みすすめることができました。

内容としては、広範な中間団体を主軸にして手厚い給付を施していたオランダの福祉政策が、移民の選別が進み就労や職業訓練を義務とする就労強化型の政策に変化していく過程を、国内の政治情勢と絡めて描き出す一冊。

特に興味深かったのは2002年以降のポピュリズム(≠極右)の台頭。連立政権の可能性が広く模索される多党制の影響もあって、左右の政党による協同が成る一方でそれが既成政党の政策距離の接近をもたらしてポピュリズム台頭の一因となったというのは、左右対立の合間の時代らしいできごととはいえるだろうか。

ともあれ、そうして現れたポピュリズム政党が、感情的な排外主義政党ではなく、イスラーム文化の反世俗性を訴える理性的な反移民主義だったというのは、これも今とは違うこの時代ゆえのものか。フォルタイン党から自由党へと、そうした傾向は主流なポピュリズム政党に受け継がれているらしく、なかなかに特徴的な傾向であるように思われる。

けれどオランダにおいてなによりポピュリズム政党をめぐる状況を複雑にしたのは、2002年の総選挙の数日前にフォルタイン党の党首フォルタインが反対者によって殺害された事件ではないかと思う。反移民など、既成政党の政治家にとって「タブー」となる部分に触れるような発言によって支持を集めていった人物だけあって、脅迫を受けるなど反発を強めてはいたというけれど、実際に殺害事件が起きてしまったとなると、ポピュリスト政治家への批判そのものが「タブー」視される空気が醸しだされてしまうという。

しかも実際、数日後の選挙では、党首を失ったフォルタイン党は亡き党首の「殉教者」的な人気によっていきなり第二党に躍り出るという実績すら残してしまったので、既成政党の側もある程度その民意を汲み取らざるをえなくなってきたりなどもして、福祉政策もだんだんと右寄りなものが選択されていくという流れ。なんとも悩ましい展開ではあるというか。

第二次産業から第三次産業への産業構造の変化も指摘されてはいたけれど、個人的にはなによりその情勢の変遷が面白く、興味深い内容でした。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 03:12| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。