2018年09月04日

呪いの王女の幸せな結婚

呪いの王女の幸せな結婚 (ソーニャ文庫)
呪いの王女の幸せな結婚 (ソーニャ文庫)

http://www.sonyabunko.com/sonya.html?isbn=9784781696287

あ、この王子さま、すっごくいいキャラしてる。

幼いころから身の回りで不幸が重なって、自分のことを呪いの王女だと思っているヒロイン・リューディアが、幸運の王子と称されるお相手のアンブロシウスのもとに嫁いで、自分のことを卑下しがちだった彼女が幸せを得ていく話……だと思ってたんですけどね。終盤にさしかかるまでは。

それまでは、わりあいオーソドックスなティーンズラブ小説っぽい流れで。不幸が起こることにばかりおびえていたリューディアが、無邪気な明るさで誰からも愛されるアンブロシウスと接しているうちに、彼となら、彼とだからこそ、自分は呪いの王女としてではなく幸せな結婚生活を送ることができるのだと思うにいたる話。不安に駆られるリューディアに対してアンブロシウスが、自分は絶対に不幸にならない、リューディアこそが自分の望む女性なのだと何度も力強く伝えることで、ようやく互いに向き合い、気持ちを重ねあっていく話。ただ陽気なだけではないアンブロシウスの一面に、リューディアともども胸を打たれるような話ではありました。

それはそれでじゅうぶんに楽しめてたんですけど、ただ一点、どうにも気になることがありました。これ、ソーニャ文庫ですよね、と。あまり期待しすぎるのは禁物かなとも思うのですけど、でもやっぱりちょっと話の雰囲気として明るすぎないかなと思うところがあって。

そんなことを考えていたら、終盤になって本当にやってくれました。ラスト付近でその印象をぐるっと転換させてくれる。ハッピーエンドの雰囲気が崩れることはまったくなくて、けれどそこにゾクゾクさせられるような陰が浮かび上がる。それによってふたりの関係がさらに印象的に映るようになる。アンブロシウスというキャラのことがますます好きになってくる。そして、それらの背景をいっさい知らされないまま幸せに浸るヒロインがただただいとおしく思えてくる。表の物語と裏の物語で、ふたつの楽しみを味わったような感覚。いやあ、いいですよね、こういうの。満足。満足。とても面白かったです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:11| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水玉ハニーボーイ(8)

水玉ハニーボーイ 8 (花とゆめCOMICS)
水玉ハニーボーイ 8 (花とゆめCOMICS)

https://www.hakusensha.co.jp/comicslist/51475/

今回も仙石さんがかっこよくて満足した。男子以上に女子に人気なイケメンヒロイン、いいですよね。七尾家長女に家庭科部員たちにお姫にその他、すでに仙石さん大好きな人たちが多数ながら、またしてもオーバーキルぎみに女子の心を撃ち抜いていく仙石さんに惚れる。かたや男子のほうで撃ち抜かれてるのは藤君だけ。仙石さんの心のほうを射抜けるのは藤君だけでもあるので、いかにも藤君独走みたいな構図でありながら、ギャグ的な場面ではあるけれど、むしろ女の子たちが障害として立ちはだかる。さすがです、仙石さん。

というか仙石さん、中学時代からすでにイケメン力全開だったのね。立ち姿だけでも侍女子らしいかっこよさが漏れ出まくってて。小学生時代の小さな絵だとまだかわいらしさがあったのに、中2になるまでにいったいなにがあったというのか、おそろしい……。この巻で初めて話題にのぼったような気のする師範のことを話す仙石さんは、なんだか純粋な子どもっぽいかわいらしさがあったように思うんですけどね。次の巻ではその辺の過去に関わる話になったりするんでしょうか。なんにせよ、またかっこいい姿に期待したいですよね。藤君には悪いけれど、藤君よりも仙石さんの見せ場を期待する派。

まあでも、藤君の見せ場をいちばんに邪魔する障害は、実のところ仙石さんその人であるようにも思うのだけど。仙石さん自身も藤君への気持ちは自覚してるし、折を見てそれを伝えたいとも思ってる。でも肝心なところでタイミングが合わなかったり、照れてしまってうまくいかなかったりする現状。ドツボにはまりつつある感があって、進展するにはなにかきっかけが必要そうになっているところ。空回りしたエネルギーが別方向に向かってのイケメン力発動もあるし、ギャグとして流れることでのコメディ的なやりとりの面白さも、ぐんぐん増しててすごくテンポよく楽しめてたりするんですけどね。その意味で、師範の登場は、なにか転機になるのではと思ったり。まあでも、次回予告はやっぱりコメディな雰囲気なんですけど。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 13:37| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする