2018年07月09日

愛と指輪の重さ

愛と指輪の重さ (ハーレクイン・セレクト)
愛と指輪の重さ (ハーレクイン・セレクト)

表面的に反発する理性と、それでもなぜか惹かれてしまう心という、これまたとてもにやにやしい関係でありながら、この作品の場合は、惹かれる部分がより本能的な部分に根ざしているというか。あからさまにいってしまえば、気に入らない相手なんだけど、体は欲情を覚えてしまうという、これだけで言いきってしまういろいろ見落としてしまうものもあるんですけど、ともあれ、あれこれと理由をつけては警戒心をみなぎらせようとする理性と、それらを飛び越えてどきどきさせられる感情という、悩ましい葛藤にさらされるヒロインによるロマンス小説。文字媒体だと理性が主体になりやすく、理屈を超えた感情はなかなか伝わりにくいものかと思っていたのですが、相手の体を意識すればするほどあれこれとした理屈は簡単に崩れ去って、本能的な心理に流されてしまうことによろこびさえ覚えてしまうヒロインのある種支離滅裂な思考の描写が、理性を凌駕するほどに強烈で抗いがたい本能的な好意の表現としておもしろくあり。流されている間は幸せで、これ以上ないというほどに満たされた想いになれるのに、けれど思考が冷静さを取り戻してくるとやっぱり不安が募って一緒にはいられないという考えが湧き上がってくるのも、理屈をねじ伏せてしまう関係だからこそという感じもして。それでも最後は、殻に閉じこもろうとするヒロインの心を強引にでもこじあけて愛をうけいれさせてくれるヒーローの力強さに、幸せな気分で読み終えることができる。いい話でした。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 18:23| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする