2018年05月15日

弱キャラ友崎くん(1)

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)
弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

小学館::ガガガ文庫:既刊情報
弱キャラ友崎くん Lv.1 | 小学館

なにこれめちゃくちゃ面白いじゃん。

なにを隠そう、1巻発売時に試し読みで切った記憶がはっきりとあります。序章が、こう……スクールカーストものをよく出してたイメージのある一時期のガガガ文庫とか講談社BOXあたりの作品を思い起こさせるところがあったというか。ああいうのを苦手にしてた自分にとって、この序章はそれだけで回れ右させるのに十分なものがあったんですよね。けど、いつのまにかだんだんと人気が出てきて、気づけばガガガ文庫の次期主力級の人気になってるっぽいのを目にするにつけ、しだいに気になってくるものがありまして。そうしてものは試しにと読んでみた結果が冒頭の感想でございます。いやー、これは、自分の直感もまだまだだなと思わされるところ。こんな面白い作品を見切っていたとは。反省しきり。

というところで、今年になってから読んだ中で思い返してみるとわりとベスト級だったのではとも思える本作。内容としてはやっぱりスクールカーストものではありまして。ただ、そのジャンルの中ではやや変則的な印象を受けるというか、スクールカーストの存在は前提にしながらも、それをネタにして、それを土台にすえつつ、カースト底辺のゲーマーがまさにゲームのごとくそれを攻略していくことになる話。平たくいってしまえば、スクールカーストものにビジネス書的なノウハウ論をくわえた学生生活攻略指南小説とでもなるでしょうか。

これがくりかえしますけどめちゃくちゃ面白かったんですよね。リアルでスクールカースト底辺の陰気なキャラになるにはそれなりの理由があって、どこがダメで、それをどう直していくべきかが具体的に描かれてて、ちょっとした失敗を重ねながらも、すこしずつ成果があがっていき、底辺のままでは縁のなかっただろうクラスメイトたちとの思いがけない交流が生まれるようになっていく。振り返ってみればわりととんとん拍子ではあるんですけど、そこがまたよくって、読んでる人に成功にいたる明るいビジョンを示してくれるのがうまいんですよね。やればできるんだと思わせてくれるというか。

でも、読んでる最中にはとんとん拍子でうまくいってるとは思わせなくて。それどころか、失敗しながらでも挑戦すればするほど効果が出る感じというか、まさに経験値を積んでレベルを上げていく感じがとても楽しいんですよね。これがゲーマーから見た人生の進め方なのかと、また別の種族である本読みとしては目からうろこが落ちるような世界観の提示に目を見張らされるものがあって。最初はちょっとした用事を作って声をかけるにもうじうじ考えてしりごみしそうになりながらやっとのことだったのが、そのうち身構えることなく会話ができるようになっていき、後半には二人きりでのイベントなんかが生じる相手もできてくる。やった分だけ着実に成果が出てるのが目に見えてわかるこの感じ、ダイレクトに手ごたえのつかめる挑戦をしている感じがとても楽しいんですよね。

しかも、階層上昇のお供にはとびきりの美少女つきとくるんですよ。(ライトノベルの体裁としては)最高ですよね。まあお供というか、師匠というか、コーチというか、そんな感じですけど。ともあれ、本来はスクールカースト底辺であるはずの主人公がそんな挑戦できわめて効率的に成果をあげられている理由としては、同じメソッドの先達として役割づけられている彼女の指導とフォローの存在が大きくて。メンターなしでまねするのはやや危険がつきまとうのではという気もするのですが、それはさておき、カーストのトップ層に位置する彼女のバックアップがあるからこそ、同じく上層に位置する人たち(かわいい子もたくさんいる(ここ大事))とも風当たりなくお近づきになれるし、挑戦して失敗してもトラウマ級の傷を抱えることなく円く収めてくれるしで、めちゃくちゃ頼りになること。

そしてなにより、メンターであるところのその日南さん、とてもかっこいいんですよね。勉強も運動もできる完璧な美少女として認識されていても、普段の言動はクール系とまではいかずに愛嬌のある美少女で、どちらかというとかわいいという形容詞が似合いそうなキャラであって。でも、ちょっとした経緯で師弟関係っぽくなった主人公にだけ見せる同じ「ゲーマー」としての彼女の姿は、尊敬の念すら覚えるほどのトッププレイヤーぶりであって。これはもう本当に仰ぎ見たくなるレベルであって。だからこそ、主人公が目標に据えるのにもわかるものがあるというか。ラストのふたりのやりとりは、なんというかもう、主人公ならずとも高揚感に襲われるものがありますよね。1巻でここなら、2巻では、さらにその先では……と、期待させてくれるシリーズですね。次の巻を読むのも楽しみです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:51| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりかえ・ばや(4)

とりかえ・ばや(4) (フラワーコミックスα)
とりかえ・ばや(4) (フラワーコミックスα)

とりかえ・ばや 4 | さいとうちほ | 【試し読みあり】 – 小学館コミック
とりかえ・ばや 4 | 小学館

ちょっと石蕗さんすごすぎませんかね……。まだ確定ではないですけど、もし本当ならこれはもうおそるべしですよ。

ただ、そうして後戻りのきかない事態への発展においてはとんでもなさを見せつけてくれる石蕗さんだけど、手が早いという印象では特にないところがあって。本当に好きになった人としかそういう関係になってはいないように感じるんですよね。沙羅とのやりとりはどこまでも焦がれるような想いに満ちた愛情の発露ですし、四の姫とのやりとりを見てても気持ちが通じ合っているところは十分にうかがえる。喜怒哀楽の感情が激しいからこそ見ていておもしろい人ではあるし、他人の感情への共感力も高いからその場その場で見れば好ましい人物に思えてしまうこともあるのはわからなくないというか。けど問題は、その情熱の対象がひとりには限られないということですよね。あちらへの恋情も本物。こちらへの感情も本物というわけで。そして心を通わせることと体を重ねることがわりと境目なくつながっていくタイプなものだから、結果として沙羅があてこするような人物像ができあがるというもので。まあそうはいっても、ラストの展開はすごすぎですけど。

これいったいどうなっちゃうんでしょうね。ものすごく気になってきましたよ。めちゃくちゃ下世話な興味心ですけど。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:31| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする