2018年01月31日

くちびるに透けたオレンジ[新装版]

くちびるに透けたオレンジ 新装版 (IDコミックス 百合姫コミックス) -
くちびるに透けたオレンジ 新装版 (IDコミックス 百合姫コミックス) -
くちびるに透けたオレンジ - ロクロイチ(百合姫コミックス):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

百合えっち。いいものでした……。かわいい女の子の体をかわいい女の子がいじめてるのって、視覚的にとても至福感があるというか。いろいろひっくるめてありがとうございましたという感想に集約されていく読後感。

そんな絵的な素晴らしさにくわえて、その雰囲気をひきたてて読み入らせてくれたのがそれぞれの女の子たちの関係性でありまして。

一作目の表題作は、都会から転校してきた洗練された美少女の叶に目を奪われた地味な少女の千鶴が想いを募らせていく話。ついつい見とれてしまうほどにきれいでおしゃれな叶のようになりたいという気持ちは、自分にはむりだと思うほどに憧れへと高じていって、しだいに同じように装い、そこに叶本人との接触の想像を重ね合わせるにいたる。病的な妄想めいた行為でありながら、抑えられないほどに募る憧憬と諦観をていねいに描いていくことで、繊細な想いの発露として表れるそれらの行動に目を離せなくさせられるものがあって。だからこそ、叶が千鶴に対して抱く感情が語られたときには、千鶴ともどもただただ信じられないような感情の爆発があったんですよね。クライマックスのもりあがりがとてもよかったというか。ありがとうございます。もうそれに尽きます。

ふたつめの「閉じててね、心」は、男女の恋愛にうといいとこのお姉さんと、彼女に自分だけを見ていてほしいと願う女の子の話。甘えるふりをしていとこのお姉さんを独占しようとする女の子と、そんな彼女にお姉さんぶろうとして独占されるいとこのお姉さんの関係性はとてもいい雰囲気でありまして。読切なのでページ数は一作目に比べるとかなり少なくはありましたが、それでも必要な部分はしっかりおさえつつふたりの関係を描いてくれて、視覚的にもやっぱり至福な場面がちゃんとあってと、こちらもよいものでございました。

繊細な雰囲気あふれる百合えっち、とてもよかったです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:04| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

2017年11月の読書まとめ

11月は5冊。めちゃくちゃ少ない。マンガ等を含めても13冊にしかならないから、どれだけ本を読めてなかったのかがわかろうというもの。

それというのも10月からひきつづき、この月の半ばくらいまで精神的にかなりへこんでまして。具体的になにがあったというほどのことでもないんですけど、この本読んでなにになるんだろうなんて考えだしたらなにも手につかなくなってしまって。それでもぼーっとしてるうちに時間が過ぎてくのはもっとこわいので、とりあえずなにがしか読めるときはそれを読んで、できなさそうなら、それでもゲームならできるからゲームをしてるという日がつづいてた感じでしょうか。

月の後半くらいには持ち直せてたかと記憶してますが、持ち直す原動力になったの英語・スペイン語の文章を読むことだったので、カウントされる本の読書量としてはやはり伸びず。

この辺は、自分でも不思議に思うところではあるんですよね。読むのが楽なラノベよりも、比較して精神的な負荷の高めな外国語の文章のほうがまだ読めるという状態だったのは。自分のなかでの関心がフィクションからノンフィクションのほうに揺れつつあるのを感じる部分もありますし、日本語以外の文章も読めるんだと見栄を張りたい気持ちがあるのもたしかではあり。たぶん、そのときの自分の心理状態とうまく合致するものがあったんだと思います。

ただ、このころから、ラノベ読みとしての自己認識に対する違和感というか、Twitterラノベクラスタとの間の心理的な距離感というかを自覚するようになってきたように記憶してます。かといって、それではどこに自分のアイデンティティを置くかとなると、それがまたよくわからない状態なのですが。

11月に読んだ中からのお気に入りはなし。

次点として、マンガから『水玉ハニーボーイ(7)』(感想)を。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 12:43| Comment(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

同居人が不安定でして(2)

同居人が不安定でして(2) (電撃コミックスNEXT) -
同居人が不安定でして(2) (電撃コミックスNEXT) -
同居人が不安定でして(2) | 電撃コミックWEB

百合みが増して感じられる。いいですね。

同居してる女の子ふたりが中心の話ということで、基本的な設定からしてすでに百合ではあるんですけど、ひきつづき不安定さんとしっかりさんの日常を描きながら、お互いを好きな気持ちがうかがえる描写が増えてたように思うんですよね。

不安定さんはあいかわらずテンションの上がり下がりが激しくありながら、そこに状況的にも心情的にもしっかりさんが絡むほどキャラがイキイキとしてきててて。調子に乗ってしっかりさんを怒らせるのもかわいいし、なによりしっかりさんがいなくなってしまったらと想像して沈む姿はとてもいいものがあるんですよ。

一方のしっかりさんも、不安定さんにふり回されたりしながらも、なんだかんだで不安定さんのこと好きなんだなあとわかる描写がぽつぽつと入ってきて、これもよいものでして。というか、しっかりさん、不安定さんみたいにコマ内をうるさいくらいに動き回ったりはしないけど、一コマでしっかり心打ちぬかれてるのが伝わってきたりと、不安定さんとは違ったタイプのかわいさがありますよね。ついったに何書いてたかは、見てみたかった気も。

あと、挿話みたいに紹介されてたおとなりさんと肉屋さんの関係も、高校生時代からの関係ととおして見つめなおしてみると、これは本当にいい感じの雰囲気でして。メインふたりよりも年期が長いこともあって、とてもつれあいとしての空気を感じさせてくれることで。がぜん注目度が高まるふたりですね。

3巻も今月発売予定だそうで。あとがき見てると出ると確定はしてなさそうな感じでしたが、そうとわかれば楽しみにしたいです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:33| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

水玉ハニーボーイ(7)

水玉ハニーボーイ 7 (花とゆめCOMICS) -
水玉ハニーボーイ 7 (花とゆめCOMICS) -
水玉ハニーボーイ 7|白泉社

かっこいい仙石さんが何度も見られてとても満足した。前巻にて(だっけ?)気持ちを自覚したこともあって、藤君からのアプローチに動揺させられたりもするんだけど、それがまた自然体のかっこよさとのギャップをひきたててくれて。前回からひきつづきの修学旅行回は特によかったですね。たまに藤君への対応が雑になるときの真顔とか、動揺して乱されたペースを取り戻そうとして藤君をやりこめて愉快げな表情とか、今回は仙石さんのいろんな表情が見れて、凛々しイメージが先立つ彼女にしては珍しいという印象を受けつつも、それでいてどこをとっても仙石さんのかわいさ(と総称してみる)にあふれていてたいへんよかったです。

仙石さんにかぎらずですけど、全体的な絵の雰囲気がとても好みな感じになってきたような気がするというか、特にキャラの髪や顔の描きかたあたりが気に入ってるように思ったり。藤君しかり、一華さんや今回初登場の珊瑚先生など、ぱっと見のビジュアルでかわいいキャラばかりで、なおかつ話もテンポよくコミカルでありながら少女マンガとしての進展もしっかりあって面白くと、読んでいてとても幸せな気分になれるシリーズ最新刊でした。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:44| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする