2017年10月26日

あの娘にキスと白百合を(6)

あの娘にキスと白百合を 6 (コミックアライブ) -
あの娘にキスと白百合を 6 (コミックアライブ) -
試し読み(BOOK☆WALKERへ)

なにこれめっちゃかわいい! 百合系の話はそれ自体がかわいい女の子とかわいい女の子が足しあわさってとてもかわいい話になるもなのだけど、通常なら女の子二人の関係性になるところ、それが三人になったら……どうなると思いますか? かわいい女の子とかわいい女の子とかわいい女の子が足しあわさって、とてもとてもかわいい話になる、そう思ってました。この巻の話を読むまでは。でも違ったんですよ。二人が三人になると、それはもう足し算じゃなかったんですよ。掛け算だったんですよ。かわいい女の子×かわいい女の子×かわいい女の子で、それはもうまさにかわいさの3乗状態。めちゃくちゃかわいい。やばいくらいかわいい話になってたんですよ。これが、百合の可能性……! 心が浄化されていく感覚……。

この巻の話はおおきくわけて二つ。ひとつめは、2巻で描かれた、自分の気持ちにまっすぐでおバカかわいい伊澄と彼女のお相手であるデコ先輩もとい千春さんのお話。伊澄が押しきった形ではじまった関係であり、先輩好き好きな伊澄に対するつれない態度が面白くもあり、けれど伊澄のことをしっかり付き合ってる相手として意識はしてるのが感じられるのがいい感じではあった、そんな記憶のあるおふたりですが、今回はデコ先輩あらため千春さんのデレが随所で見られてもうそれだけで満足してしまえる心地にさせてくれること。だんだんと好意を表すことに慣れてきつつもしっかり照れが残る表情がたいへんかわいかったです。そしてそんな千春さんのかわいさにドキッとさせられる伊澄も、やっぱりかわいいですよね。

そしてなんといってもよかったのが、その後の中盤からはじまる諒とあまねと仁菜、表紙にも描かれてる三人の話。仲のいいルームメイトである仁菜とあまねに対して、同じクラスに友達がおらず孤立しがちな諒。そんな諒が事故でけがをしてしまったの機にあまねがなにかと気にかけてくれるようになって……というところからはじまる話。このでだしからすると、諒とあまねの話になるのかと思いきや、そうはならなかったのはこの三人の関係性の中心になるあまねというキャラクターの為人がそうさせたものであって。彼女、キャラクター紹介でもはっきりそう書かれてるし、前半の話でも軽く登場することからすぐにわかることではあるんですが、「好き」をたくさん持てるタイプの人なんですよね。あの子のことが好きで、この子のことも好きというふうに。いちばんはひとりだけという考えかたの人からすれば理解できないタイプなんだけど、でも彼女は実際そんなキャラであって。仁菜のことは好きで仁菜とすごす時間は楽しいし、諒のことも好きで諒とすごす時間も大切で、そこにどちらが上でどちらが下かという感覚は存在しない。どちらもわけへだてなく好きで、それぞれの時間を楽しくすごしているのがうかがえる。それがあまねという女の子。けれど、一方の仁菜や諒はそういうタイプの女の子ではないからこそ、その状況に不満を覚えてしまうわけで。自分だけを見てほしいのに、そうはしてくれない。たとえそう訴えたところであまねがあまねであることは変えられないし、むしろそういうことならと別れ話を切り出されてしまいかねない。だからこそ、不満のはけ口はたがいに求めるしかない。あまねのことをあきらめさせようとしたり、はりあってみたり。ふたりのやりとりにはどうしても警戒心が先立って、緊張感のある展開にどうなってしまうのかとハラハラさせられたりもしたところ。けれど、仁菜と諒、同じ人を好きになった者同士、大切にしたい人の気持ちは同じだし、大切にしたい人に抱える不満もいっしょではあったんですよね。けんか腰なやりとりではありながらも、くりかえすうちにだんだんと共犯者めいた絆がめばえてくる様子はいいもので、実はこの話のメインの関係はこのふたりだったのではと思える部分もあるくらい。でもやっぱり、そうして最終的に三人が三人でひとつの関係となった瞬間の場面が、三人そろって仲良さそうにしてる絵こそが、至高のかわいさをほこる一コマとして映ったんですよ。あまねといっしょにいるふたりは楽しそうで、仁菜と諒もたがいに同じ時間をすごすのがうれしそうで、そんなふたりを見つめるあまねは幸せそうで。個としても全体として見てもかわいい三人の女の子の関係。幸せに満ちあふれすぎててやばかったです。

それと、この巻の話で重要な意味を持っていた、大切な人に花を贈るブーム。一過性のものではあったようですけど、巻末でこれまで登場したペアがおたがいに花を渡す短編もいいものでして。白峰さんのあいかわらず素直じゃないところと、それに対する黒沢さんの素直すぎる言葉に恥ずかしくて赤面する様子がかわいらしいものでありまして。あと、前巻で登場した紗和といつきについても、贈る場面自体はあっさりしたものでしたが、シチュエーションから凝ったものにしようとしてたいつきの構想を聞いてあわてる紗和はいいものでした。あわよくばそっちが実現したらという反応も見てみたかった気もしますがそこはそれ。

次の巻は「白峰・黒沢のあたり」とあとがきで書かれてはじめてそういえば今回このふたりの出番少なかったと気づく反応の遅さではありましたが、それだけこの巻の話の満足度が高かったということで。しばらく反芻しつつ、次の巻も楽しみにしたいです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 23:17| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする