2017年02月10日

本好きの下克上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜(2)神殿の巫女見習い(2)

本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第二部「神殿の巫女見習いII」 -
本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第二部「神殿の巫女見習いII」 -

シリーズ5冊目にしてついに貴族が登場。神殿長や神官長といった貴族階級出身の人たちもすでに登場してはいましたが、あくまでも一部の例外的に映っていたというか、平民出身で平民以外との交流がないに等しいマインの視点からでは彼らと平民との違いがそんなに見えてこなかったところがあるんですよね。神殿長はなんかやたら偉そうだったけど、神官長はマインの持つ魔力や神殿の事情などもあって平民であるマイン相手でも話せばわかる人のように思えて。なので、常識の違いからくる意思疎通の問題はあるにしても、マインが貴族とかかわりを持つようになっても今までの調子でなんやかや受け入れられていくことになるのではないかなーと思ってたんですよ。でもね、これ、無理ですわ。そんな気軽にひょいっと飛び込める世界じゃないですよ。住む世界が違うってこういう感覚ですよね。貴族街に足を踏み入れて、貴族しかいない場に立つことで初めてわかる厳然とした身分意識。神官長のほうがむしろ少数派なんだろうなと思わされる見下され方。以前ベンノたちから、魔力食いだと知られたら貴族にいいように飼い殺しにされるぞと言われてましたが、その言葉がはっきりと呼び起こされる。愕然とさせられるような貴族社会とのファースト・コンタクトでありました。

いやもう、びっくりびっくり。この作品世界って、そんなに厳格な階級制度のある設定だったんですね。思い返してみれば、前の巻だったかで、レストランの準備で平民は皿代わりに硬いパンを使うとか、食べ終わったらそれを床に投げ捨てて残飯はそこらを徘徊する犬が処理するとか、まるで海外のファンタジー作品読んでるみたいな理想化されてないファンタジー描写に驚かされたところはありましたが。というか、平民の中での生活は現代文明を持ち込むための知識のあれこれこそ細かく描写してあるなーと感じたものの、中世ヨーロッパ風のふんわりしたファンタジー世界という印象だったはずなんですけどね。貴族的な文化に近づいていくと夢のないファンタジー世界が顔をのぞかせだすのはどういうことなんでしょうかねという。面白いなあ。小説家になろう発でこんなファンタジー世界を見ることができようとは。平民街と貴族街のギャップにはまだ不整合感を感じる部分もありますが、この巻でようやく貴族が何人何十人と出てくる場面が登場したことからして交流の乏しい階級なのだろうかと思えてもいるので、もっともっといろんな場面を読みたいところです。貴族階級の場にほんの少し立ち入っただけなのに世界が倍くらい広がった感覚があって、それなのにもっともっととこの世界のことが知りたくなる。いい物語ですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年1月の読書まとめ

1月は20冊。ぎりぎり目標到達、と言いたいところなんですが、もともとの読書予定に入ってなかったえろが2冊含まれての数字なので、やや及ばずと考えるべきでしょう。何にそんなに時間を取られていたんだろうかとふりかえってみると、分量が多い本は読むのにもそれだけ時間がかかりますねという単純な事実が浮かび上がるばかりで。200ページとか300ページとかが主流のラノベだけを念頭にペースを考えてはいけませんねとしか。

読書メーターに登録してカウントしてる小説以外のマンガとか雑誌とかも含めると、読了数は34冊になっていたようで。気になるところ以外は読み飛ばしまくってたのではありますが、水増しした数字としては1日1冊ペースが達成できてはいたんですねという。まあ、それと同時に購入数もカウントしだしたら当然のようにそれ以上のペースで買っていたので、それだけ読んでも積まれていく本は増えるばかりなんですが。

頭が痛いのは、先月のまとめでも書いた、少しずつ発生してる買ってから実際に読むまでの間隔の開き。気づいたら2〜3週間くらいになってきてて、そこから感想を書くとこのブログに載せれるのは3〜4週間後くらいになってしまうという。それでも以前と比べればだいぶましではあるんですが、話題の旬を逃してるのは否めなくてどうしても不満が残ってしまうんですよ。なので、少しの間、その間隔を狭めることを優先して読書ペースを調整していこうかなと考えているところです。

そんなこんなで、1月に読んだ中からのお気に入りは以下。

[☆☆☆☆☆]ヒロインな妹、悪役令嬢な私(2)  感想
ヒロインな妹、悪役令嬢な私 2 (PASH!ブックス) -
ライトノベルより。誰よりも大事な妹ミシュリーのためにこれからの生き方を決めるクリスティーナの決意に泣かされる。どこまでもシスコンなお姉ちゃんなんですよね。

[☆☆☆☆]七王国の騎士  感想
七王国の騎士 (氷と炎の歌) -
海外ファンタジーより。安心させた直後にガツンと頭を殴りつけてくるような非情な展開、正邪で割り切ることの難しい賊軍とされた者の鬱屈、油断ならない規模での陰謀を一撃で粉砕してのける暴力的なまでの力による支配。『氷と炎の歌』の百年前を描く外伝は本編にもあった面白さを存分に伝えてくれる、シリーズ入門にもぴったりな一冊。この世界にも理想の騎士はいたのだ。お世辞にも頭がいいとはいえないけど。

[☆☆☆☆]瀬野家の人々
(R18注意)http://novel18.syosetu.com/n3752dr/
Web小説より。本編完結済み。序盤の、女装すると姉にそっくりな弟を姉と間違えて不機嫌な姉(彼女)にそのまま弟とのプレイをさせられたりする展開に笑っていたら、しだいに主人公も女装させられるようになっていき、もともとの素質とあいまってどんどんカワイイ!!の塊になっていくアキちゃんがかわいくてかわいくて。様になってるし、かわいいし、もう性別なんてどっちでもいいよねと思えてくる女装男子のよさですよ。初期・中期・後期・末期における主人公の女装に対する心理の変遷もとても面白くって。女装男子の魅力に目覚める一作でした。前作次作ともどもオススメの作家さんです。

[☆☆☆☆]やがて君になる(2)  感想
やがて君になる (2) (電撃コミックスNEXT) -
マンガより。「好き」ってなんだろうか。誰かに対する感情はどこから「好き」と呼べるものになるんだろうか。ドキドキするような恋心を体験したことのない女子高生・小糸侑の心情は、一方的でいいからと寄せてられる七海燈子のキラキラとした好意に触れるたびにゆれ動く。その微妙な心境がどこに達することになるのかと、見届けたい気持ちにさせられます。

[☆☆☆☆]ヒロインな妹、悪役令嬢な私  感想
ヒロインな妹、悪役令嬢な私 (PASH!ブックス) -
ライトノベルより。つぎつぎと描かれるコミカルな場面に笑っていたら自称天才であるクリスティーナという人物の深いところをついてくる展開にじんとくるずるい構成。お姉様大好きなミシュリーと婚約者のシャルルがクリスティーナを取り合ってきゃいきゃいしてるのも可愛くてしかたないです。

次点で、『霊感少女は箱の中』(感想)もあげておきたいですね。事件の結末と真相が、鬱展開好き的にたまらない一冊でしたということで。

以上。月次まとめにしては多くあがったような気もしますが、実際のところかなり満足度が高い最近の読書状況ではあります。2月もこの調子で、数・質ともにいいひと月を過ごせればと思います。

以下は読書メーター貼り付け。

1月の読書メーター読んだ本の数:20読んだページ数:6550ナイス数:6掟の村 〜掟に従って俺と子作りをする女たち〜(1)<掟の村 〜掟に従って俺と子作りをする女たち〜> (オシリス文庫)掟の村 〜掟に従って俺と子作りをする女たち〜(1)<掟の村 〜掟に従って俺と子作りをする女たち〜> (オシリス文庫)読了日:01月31日 著者:たけのこ
男装王女の華麗なる輿入れ (ビーズログ文庫)男装王女の華麗なる輿入れ (ビーズログ文庫)読了日:01月30日 著者:朝前 みちる
猫耳少女は発情中 ウブな彼女と極甘エッチな同棲生活 (二次元ドリーム文庫)猫耳少女は発情中 ウブな彼女と極甘エッチな同棲生活 (二次元ドリーム文庫)読了日:01月29日 著者:冬房すずや
精霊幻想記 2.精霊の祝福 (HJ文庫)精霊幻想記 2.精霊の祝福 (HJ文庫)読了日:01月29日 著者:北山結莉
ヒロインな妹、悪役令嬢な私 2 (PASH!ブックス)ヒロインな妹、悪役令嬢な私 2 (PASH!ブックス)読了日:01月27日 著者:佐藤 真登
霊感少女は箱の中 (電撃文庫)霊感少女は箱の中 (電撃文庫)読了日:01月26日 著者:甲田 学人
猫と竜猫と竜感想語りの視点を中心に描かれる人間的な猫たちの物語。面白かった。猫はいいね。気ままで、気の向くままにあっちやこっちへ遊びに行ったり住処を探しに行ったりしては、そこで出会った人間たちと強い結びつきを持ったりして、思い思いの居場所を作っていく。母猫が拾った竜が猫たちを強く賢く育て上げて、その猫たちが今度は人間たちとの縁を作り上げていく物語。短編を通して描かれる幾世代にもわたる猫と人の関係がどれもいい話ばかりでした。続編ではどんなお話が楽しめるのか、期待したいですね。冒険者になった猫の話とか、とても気になりますし。読了日:01月23日 著者:アマラ
インヴィジブル・シティ (ハヤカワ・ミステリ文庫)インヴィジブル・シティ (ハヤカワ・ミステリ文庫)読了日:01月22日 著者:ジュリア・ダール
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空 (2) (角川スニーカー文庫)艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空 (2) (角川スニーカー文庫)読了日:01月21日 著者:むらさき ゆきや
艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!6 (ファミ通文庫)艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!6 (ファミ通文庫)読了日:01月20日 著者:築地 俊彦
エリザベス・ナザントという令嬢 (アイリスNEO)エリザベス・ナザントという令嬢 (アイリスNEO)読了日:01月19日 著者:池中 織奈
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部「神殿の巫女見習いI」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部「神殿の巫女見習いI」読了日:01月17日 著者:香月美夜
艦隊これくしょん ‐艦これ‐  鶴翼の絆 (5) (富士見ファンタジア文庫)艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 鶴翼の絆 (5) (富士見ファンタジア文庫)読了日:01月14日 著者:内田 弘樹
精霊幻想記 1.偽りの王国 (HJ文庫)精霊幻想記 1.偽りの王国 (HJ文庫)読了日:01月13日 著者:北山結莉
魔物使いのもふもふ師弟生活 (HJ文庫)魔物使いのもふもふ師弟生活 (HJ文庫)読了日:01月12日 著者:無嶋樹了
俺の異世界姉妹が自重しない!(1) (モンスター文庫)俺の異世界姉妹が自重しない!(1) (モンスター文庫)感想あ〜 弟くんは恋愛対象でちょくちょく性的な方面のことを勧めてくるクレアねぇかわいいんじゃあ。もっと見せ場がほしいんじゃあ。読了日:01月11日 著者:緋色の雨
ヒロインな妹、悪役令嬢な私 (PASH!ブックス)ヒロインな妹、悪役令嬢な私 (PASH!ブックス)読了日:01月10日 著者:佐藤 真登
月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)読了日:01月09日 著者:牧野 圭祐
七王国の騎士 (氷と炎の歌)七王国の騎士 (氷と炎の歌)読了日:01月06日 著者:ジョージ・R・R・マーティン
エルフ・インフレーション 2 (ヒーロー文庫)エルフ・インフレーション 2 (ヒーロー文庫)読了日:01月01日 著者:細川 晃
読書メーター
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする